名古屋市立大学看護学部大学 院看護学研究科 高齢者看護学

高齢者ケア研究・教育

 要介護高齢者へのケアの質を高めるには、多職種による連携と協働が大切です。お互いの職種の専門性を理解し、尊重し合い、連携・協働しながら高齢者にとって最適な環境を作り出すことが高齢者の希望に沿った自立を支えるケアへとつながります。介護職、リハビリテーション職、ケアマネージャー、医師、歯科医師、行政職、看護職らの連携に役立つ研究と教育に取り組んでいます。
興味・関心のある方は、大学院生あるいは研究生として参加していただき、一緒に深めていきましょう。また、教育講演などのご依頼も受け付けます。現在、取り組んでいる活動は以下です。

研究

  • ウエアラブル圧センシングディバイスによる高齢者の褥瘡予防 原沢研究室
    (名古屋大学情報科学研究科との共同研究)

    看護学生教育への教育方法開発研究に関する調査を2017年2月に実施しました!
    たくさんの学生さんのご参加ありがとうございます。
    引き続き研究を進めますので、またご協力いただきますようお願い致します。

  • 看取りにおける多職種協働のための教育・研修プログラムの開発 原沢研究室
    (日本福祉大学、福山平成大学研究者への連携協力研究)

教育

  • 「臨床場面におかる認知症高齢者との非言語的コミュニケーションスキルを磨く!」
    2017年9月2日(土)開催 (於)なごや看護生涯学習セミナー 詳細はこちら
                                  アンケート結果
  • 高齢者ケア施設職員対象 実習指導者養成講座(高齢者看護)2017開催

    2017開催の様子

  • 愛知県ホームヘルパー連絡協議会尾西地区ブロック研修会講師:配偶者の介護 原沢優子2016.
  • 平成28年度愛知県専任教員養成講習会(老年看護学)講師 山田紀代美
  • 平成28年度愛知県臨地実習指導者講習会(老年看護学)講師 原沢優子

教材開発

PAGE TOP